【髙橋藍】父親の職業は産婦人科医?料理人の噂は祖父だった!  

この記事のリンク先に広告が含まれます。

男子バレー日本代表のイケメン選手と話題の高橋藍さん。

少しハーフっぽい感じの高橋藍さんですが、父親が外国人の方なのでしょうか?

今回は高橋藍さんの父親や祖父について深掘りし、お伝えしていきましょう!

目次

高橋藍の父親の職業は?

高橋藍さんの父親の職業は不明

一部では、高橋藍さんの父親は120年以上続く産婦人科医の先生という情報がありましたが、真相は不明です。

父親は野球少年だった

高橋藍さんの兄弟の名前が、野球にちなんで名付けられたのをご存知でしょうか?

・兄:塁 (るい)  「一塁」「二塁」の「塁」
・本人:藍(らん) 「ホームラン」から「らん」
・妹:莉々(りり) 「リリーフ」の「リリ」

高校時代エースで4番だった高橋藍さんの父親は、巨人のスカウトが観にくるほど注目選手でした。

野球になると人格が変わるほどの野球好きだった高橋藍さんの父親。

バレーボール選手の道に進んだ高橋兄弟が、全員運動神経が良いのは父親譲りなのかもしれませんね。

高橋藍はハーフ?

色白で茶色の髪や、目鼻立ちが日本人離れしている印象を受ける高橋藍さんですが、

高橋藍はハーフではありません

父親の正次さんは名前の通り日本人です。

高橋藍さんの母親がアメリカ人(父)と日本人(母)のハーフなんです。

そのため、高橋藍さんはハーフではなくクオータとなります。

料理人の噂は祖父

高橋藍さんの父方の祖父はリーガロイヤルホテルグラン沖縄でシェフをしていました。

リーガロイヤルホテルグラン沖縄は、那覇空港からモノレールで5分の好立地の5つ星ホテル。

一流ホテルでシェフをしていた高橋藍さんの祖父ですが、現在は、自身でお店を経営しています。

お店の詳細について見ていきましょう!

高橋藍の祖父が経営するお店はどこ?

こちらが高橋藍さんの祖父母が経営するお店の外観です。

和テイストな外観でアットホームな雰囲気のあるお店ですよね。

お店の最寄り駅など見ていきましょう。

最寄り駅は西向日駅

お店は京都にある『お食事処 三久』

阪急京都本線『西向日駅』から徒歩2分の距離にある『お食事処 三久』。

ビーフコロッケやハンバーグなど、元ホテルシェフだった高橋藍さんの祖父の料理の味は本物で、評判のお店。

さらに、高橋藍さんの祖母の人柄に惹かれるリピーターが多いようです。

お店の情報はこちらです。

お食事処 三久

・所在地:〒617-0006 京都府向日市植野町御塔道28-22
・営業時間:月曜日~土曜日
・営業時間:11:30~14:00
・定休日:日曜日
・TEL:075-921-7675

高橋藍さんの胃袋を祖父の料理が支えていたのかもしれませんね。

まとめ

バレーボール日本代表の高橋藍さんの父親の職業や、料理人や産婦人科医の噂を調査しました。

・父親が産婦人科医の真相は不明
・料理人は父親ではなく祖父

ということがわかりました。

高橋藍さんの父親は高校時代4番エースで、巨人のスカウトが観にくるほど注目された選手だったそうです。

父親の職業の特定はできませんでしたが、高橋藍さんの運動神経の良さは父親譲りということは間違いなさそうです。

これからも活躍を応援していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次