中田敦彦の子供の学校はどこ?シンガポールで年間の教育費はいくら必要?

この記事のリンク先に広告が含まれます。

オリラジ中田敦彦さんとの間に第3子の妊娠、出産を発表した福田萌さん。

中田敦彦さんの2人の子供は現在9歳の女の子と6歳の男の子です。

シンガポールに在住している中田敦彦さんの子供が通う学校はどこなのか調査してみました。

目次

中田敦彦の子供は何歳?

中田敦彦さんの子供たちは小学4年生と小学1年生になります。

中田敦彦さんが家族でシンガポールに移住したのは2020年です。

シンガポール移住したのは子供達の教育のため

移住先をハワイと迷ったけれど、中国語と英語を学べる環境にあるシンガポールを選んだそうです。

グローバルに活躍する子供を育てるには中国語、英語の取得は必須かもしれません。

中田敦彦の子供が通うインターナショナルスクールはどこ?

福田萌さん

シンガポールには多くのインターナショナルスクールがあります。

中田敦彦さんが、インターナショナルスクールを選ぶときの条件がありました。

日本人がほとんどいない学校

さらに、高学歴な福田萌さんと中田敦彦さん夫妻なので、歴史あるスクールを選ぶ可能性が高いでしょう。

シンガポールで歴史あるインターナショナルスクールがこちらです。

1.UWC SOUTH EAST ASIA
2.シンガポールアメリカンスクール(SAS)
3.タングリントラストスクール(英国系)

では、一つずつみていきましょう。

1.UWC SOUTH EAST ASIA

校舎を見るとかなり大規模なスクールであることがわかりますね。

授業風景がこちらです。

ゆったりとした空間でそれぞれが課題に取り組んでいる風景は、机を並べて授業を受ける日本とは大きく違いますね。

創立:1971年
全校生徒数:5566人
日本人生徒数:319人
試験内容:書類審査・面接

日本人の生徒数は319人と多いように感じますが、全体の生徒数の割合だとかなり少ない人数ですよね。

中田敦彦さんの子供たちは、この学校に通っているのでしょうか?

2.シンガポールアメリカンスクール(SAS)

ホテルの外観のようなインターナショナルスクールです。

グラウンドもしっかりと整備されていて、さすが富裕層の子供達が通う学校なだけあります。

上空からの校舎の様子がこちらです。

創立:1956年
全校生徒数:4000人
学生の大半がアメリカ人

こちらの学校の日本人生徒の割合はわかりませんが、生徒の大半がアメリカ人ということで英語を学ぶ環境としては申し分ないでしょう。

3.タングリントラストスクール(英国系)

こちらは、大きな企業の印象を持つインターナショナルスクールです。

英国式のカリキュラムがメインとあって英語のスキルは身につきそうです。

創立:1925年
全校生徒:2700人
イギリスのカリキュラムがメイン
条件:保護者のどちらかが英語を話せる必要がある

中田敦彦さんの子供たちが英語を話せるようになるには、うってつけの環境ですよね。

中田敦彦の子供の学費は年間いくら?

中田敦彦さん

日本でもインターナショナルスクールの学費は高いですよね。

さらに物価が高いシンガポールでの教育費はどうなっているんでしょうか?

小学1年生で年間200万円〜500万円

例えば『シンガポールアメリカンスクール(SAS)』の中田敦彦さんの子供の年齢で学費を見てみると

5~10歳:518,5万円(シンガポール$を100円で計算)

年齢が上がるにつれて学費も上がります。

もし、中田敦彦さんの子供が2人とも『シンガポールアメリカンスクール(SAS)』に通っているとしたら、

年間授業料だけで1000万円以上

になるでしょう。

まとめ

福田萌さんと中田敦彦さんの子供たちが通うインターナショナルスクールについて調査してみました。

歴史あるインターナショナルスクールで日本人の少ない学校の候補として上がったのは3つ。

1.UWC SOUTH EAST ASIA
2.シンガポールアメリカンスクール(SAS)
3.タングリントラストスクール(英国系)

校舎や環境が想像以上のスケールの大きさで、教育費もかなり高額です。

福田萌さんは現在3人目を妊娠中とのことですが、3人目もインターナショナルスクールに通うことは間違いないでしょう。

ISE
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次